プラセンタはアトピー性皮膚炎にも効果がある

アトピー性皮膚炎とは、アトピー素因を持つ体質の人にできる皮膚炎のことです。

 

皮膚の一番上にある表皮の部分が赤くはれたり、カサカサになってきたりして、かゆみが出るのが特徴です。

 

子供だけではなく、大人になってからでも発症する人もいます。

 

体には免疫システムがあります。通常は、体に入ってきた異物は免疫システムによって退治します。この異物に対しての反応が異常に行われ、かえって体に害をおよぼしている状態がアレルギーであり、アトピー性皮膚炎です。アレルギーとアトピー性皮膚炎の違いは、生まれつきアトピー体質なのかどうかというところにあります。

 

アトピー性皮膚炎の治療には、かゆみを止めて炎症を抑えるステロイド剤(軟膏)がよく使われます。しかし、ステロイド剤には副作用があります。ホルモンバランスが乱れてしまい、その結果、皮膚が薄く弱くなったりします。また、糖尿病や高血圧症などを起こすことがあります。

 

そこでプラセンタを治療に用いている病院もあります。

 

プラセンタは、体の機能をバランスよく整える働きがあるので、アトピー性皮膚炎に対しても効力を発揮してくれます。

 

プラセンタが持つ内分泌調整作用、免疫調整作用、抗炎症作用、基礎代謝向上作用、抗アレルギー作用などの薬理作用が複合的に働いてくれます。プラセンタには副作用がないので、使用するのをやめたとしても安心です。

 

ずっと悩んでいる人は、アトピー性皮膚炎の改善にプラセンタを取り入れてみるのもいいかもしれませんね。